Blog

みなさんは地元の魅力ある風景や建物を
もっとたくさんの人に教えてあげたい
と思ったことはありませんか?
 

私の知っている秋目集落の方々も
地元の魅力をたくさん語ってくださいます。
 

しかし、ほとんどの人は知らない情報なので、
もっとたくさんの人に知って欲しいと思っていました。
 

今回は、そんな思いを実現させてくれるイベントが開催されるというので
取材に行ってまいりました。
 

その名も「第1回南さつま海道鑑真の道歩き」です。
 

このイベントをひとことで言うと、
 

“鑑真大和上が初上陸を果たした秋目を含む南さつま市西南部の
自然・歴史・文化を知ってもらうための道歩き”
 

というようなところでしょうか。
 

今回の道歩きは、2月23日(土)・24日(日)の2日間に分かれて
合計4コースで実施されました。
 

1日目は、秋目集落を中心として坊津のまち歩きが2コース。
2日目は笠沙・大浦を中心とした2コースです。
 

すべてのコースを取材したかったのですが、
今回は個人的にもお世話になっている秋目集落の
「ぶらり秋目コース」を取材することにしました。
 

鑑真大和上が本土初上陸した地である坊津町秋目で、
鑑真大和上について学び、集落内を散策して港町として栄えた
坊津町秋目の歴史の深さを感じることができました。
 

今回は、その詳細についてお伝えします。
 

●鑑真記念館に到着!
10時スタートということでしたので、早めに到着して参加者を待っておこうと9時過ぎには到着しました。
 

すると、すでに駐車場整理の方がスタンバイされており、
スムーズに車を駐車することができました。
後から聞いた話ですが、鹿児島大学のフリースポットというサークルの生徒さんたちが
ボランティアで駐車場整理をしてくださっていたそうです。
 

フリースポットは、鹿児島の地域活性化を実現する目的で活動している
鹿児島大学のサークルです。
秋目では、「寺小屋復活プロジェクト」という取り組みを行っており、
学習指導や自然体験活動などを南さつま市の小中学生を中心に提供しています。
 

そんな学生たちの協力もあり、
このイベントはスムーズに進行しているんだなぁと思いながら、
鑑真記念館に到着すると・・・・
 
 

もうすでに大勢の参加者がいました!
 


 

定員100名の予定でしたが、案内の方によると約160名が参加されているとのこと。
地元の方は「秋目の人口120名より参加者の方が多いよ!」とうれしそうに語ってくれました。
 

●道歩き開始!
予定通り10時に道歩き開始。
最初に紹介された秋目の名所は・・・
もちろんこの石碑!
 


 

鑑真大和上上陸記念碑近くの駐車場入口に設立されている「007撮影記念碑」です。
石碑について説明されているのは、南さつま漁業協同組合副組合長の宮内一朗さんです。
 

当時、007の秋目ロケが行われた際にエキストラとして参加したときの思い出話やアルバイト料が子どもで500円だった話など、ユーモアを交えながら語ってくださいました。「エキストラとして撮影中、カメラを見るなとスタッフに言われていたにもかかわらず、カメラ目線をしてしまった」など、当時の思い出を昨日のことのように語ってくださる姿はとても魅力的でした。
 

●秋目のアコウの木
秋目集落の中心部に位置するアコウの木は、地元の人々にとってシンボル的な存在ではないでしょうか。
 


 

地元のガイド担当の川村さんは「昔は、この木に登って遊んでいたけどねぇー。今はこういう雰囲気(観光客向けに整備されている)なので登れないよね」と話していらっしゃいました。その話しを聞いて、アコウの木は、集落の人々を見守りつづけている大切な存在なのだと感じました。
 

●南さつま海道鑑真の道歩き
今回、道歩きに参加して感じたことは、地方にも魅力は十分にあるということです。
 


 

上記の写真を見てもわかるように、約160名の参加者が秋目に集まって地元の自然・歴史・文化を知っていただく道歩きは大成功をおさめました。
 

冒頭にもお伝えしましたが、坊津秋目集落の総人口は、参加者の人数より少なく、約120名程度です。地域でイベントを開催することで、その土地の魅力を感じて、地域に訪れるリピーターとなり、将来は移住してくる方もいるのではないかと思います。
 

鑑真大和上により伝えられた仏教をはじめ、海外の思想や文化を受け入れてきた集落には、現在大きな転換期を迎えている日本が学ぶべき点が多くあるのではないかと感じました。案内をされている宮内さんが「秋目は、サイバービレッジである。集落どこでもパソコンができるよう無線LANが引かれている。」という話しをされていました。
 

伝統的な文化を尊重し、世の中の発展しうるものを受け入れながら生活している集落の今後に注目が集まりそうです。
 
 
 
 

2013年02月26日

南さつまチームサポーターのYです。
こちら南薩は、菜の花が満開!
梅の花は、今まさに芳しい香りを放っています。
 

毎年2月20日、野間岳にある野間神社では、「二十日祭」が執り行われます。
地元では、“はっかめい”とも呼ばれ、古くから地元の方々の信仰を集めている場所です。
 

(地図はこちら → http://goo.gl/maps/TciSi
 

境内の掲示板や石碑の記載文を見ると、
この場所は、古事記に誌された笠沙宮創建に由来し、
ニニギノミコト、コノハナサクヤヒメ、ホノスソリノミコト(ホスセリノミコト)、
ヒコホホデミノミコト、ホアカリノミコトの五神を祭ってあったと伝えられ、
歴代の島津藩主が詣でるなど、厚い信仰心のもとで大切にされ、
長きに渡り南薩の歴史を見守っています。
 

藩内の各郷での事柄を記録した報告書『加世田再撰帳(かせださいせんちょう)』
(天保14(1843)年)においては、娘媽(ろうま)神女、千里眼(せんりがん)、
順風耳(じゅんぷうじ)が祭ってあるとの記述があるとのこと。
 


 

この野間岳、標高591メートルあり、
かつては山頂にあった社殿ですが、度々の台風により倒壊したため、
文政13(1830)年、山頂から徒歩で30~40分ほど下った、
木々に囲まれた場所に移されました。
 

ここ野間岳は、開聞岳や東シナ海の島々など
南薩一帯を眺めることができる眺望の良さもあって、
南薩でも指折りの登山道として人気があり、
九州自然歩道のうちのひとつに登録されています。
 

そのため、この日の参拝者のなかの多くは、
早朝に野間岳に登り、山頂の景色を眺めてから参拝する方もいらっしゃいました。
 

朝10時から、恒例の神事が始まります。
社殿前で棒踊りが奉納され、宮司の祝詞が厳かに聞こえてきます。
木立から差し込む朝の光、鳥の声、晴れ渡った青空に生える朱色の社殿。
私の心身は一気に清らかになった気分です★
 


 


 

参拝者のほとんどが地元の方。
厄払い、商売繁盛、誕生初参り、初詣など・・・、様々な目的で詣でる方々。
 
お酒持参でお払いをお願いしている方がとても多かったです。
 

程なくして、一転、軽快な音色が始まり、赤いハッピの一団が現れました!
皆、ひょっとこのお面を付け、足を高く跳ね上げて、ぴょっこぴょっこと輪になっていきます。
軽やかな身のこなしの滑稽な踊りに、多くの参拝者から笑いが起き、とても和やかな雰囲気♪
いつの間にか、周囲にはカメラマンが集結。
社殿横は一気に高揚し、皆がひとつになった感覚です!!^^
 

この方々は、鹿児島市谷山の「ひょっとこ愛笑会」の皆さん。
メンバーに笠沙出身の方がいらっしゃるそうで、
今回初めて野間神社で踊りを奉納することとなったそうです。
 

実はこちらの皆さんは、
昨年、宮崎県日向市で開催の2000人ほどが集まるひょっとこ踊りの全国大会で、
なんと!1等賞の金賞に輝いたという実力の持ち主!!
軽快な手足の動きやアドリブある魅せ場は、参拝者の目を楽しませてくれ、拍手喝采でした★
踊りを終えた後の皆さんの笑顔、とってもステキです♪
 


 


 

初めて行った神社の初詣で、初めて披露される踊りを観ることができたなんて、私はなんてラッキーなんでしょう!
 

・・・と得した気分になりました。(笑)
 

来年は、午前中にはまってしまった車の渋滞を避けるためにも、
多くの地元の方に勧められた、
麓から運動靴を履いて頂上を目指す、
というトレッキング気分で再訪したいと思います!!!
 
 
 
 
 

2013年02月25日

1月も足早に去り、あっという間に2月になりました。
 

さて、2月9日のこと。
笠沙町の谷山地区で開催された
「南さつま海道八景 光の祭典」に参加してきました。
 

最初の会場は江戸時代後期(今から約500年前)に作られたという笠沙の段々畑。
 


 

段々畑の地図はコチラ → http://goo.gl/maps/Lyy4M
 

この段々畑全体がLEDライトでライトアップされるということだったのですが、
夕方5時は、まだ明るすぎたようです(^_^;)
もう少しあたりが暗くなる時間帯に期待してみましょう。
どのようになるのか楽しみです。
 
 
 

さて、その後、次の会場である『笠沙恵比寿』に移動。
LEDライトのライトアップ効果について話し合う
「光の祭典シンポジウム」に参加してきました。
 


 

笠沙恵比寿の場所はこちら → http://goo.gl/maps/BND6H
 

そもそもLEDライトとは・・・?
最近はよく耳にするようになりましたが
一体どんなライトなのでしょうか?
 

よく聞くのは、
 

・従来の白熱電球や蛍光灯より高価
・しかし白熱電球や蛍光灯に比べ寿命が長い
・消費する電気代が安い
 

ということですが・・・
実はもう一つ、LEDの放つ光には特徴があります。
 

それは、『ものの立体感を際立たせる』という特徴。
 


 

上の写真を見てください。
下から天井を照らしていますが、その際の光のラインが目立ちません。
 

魅せたいものだけに光を集中させることができる。
 

これがものに立体感を持たせることに一役かっており、
対象を美しく魅せることに繋がるのだそうです。
 

LEDライトは、ライトアップの照明として非常に優れた光。
今回、段々畑を照らす光にこの照明が使われたのには
こういう理由があったわけです。

さて、その後、最新のLEDライトが紹介されましたので
ちょこっとだけ紹介。
 

なんと、
 

『太陽の放つ光に限りなく近い光LEDライト』
 
 

実際に見ましたが、あれは確かに眩しかったです(×_×)
子供の頃太陽を直接見たあのチカチカと目を刺すような
強烈な光を思い出しました。
 

このLED電球は南さつま市加世田の株式会社エルムさんが作られているとのこと。
世界初の技術が用いられた電球で、なんとあのフランスルーブル美術館での展示も検討されているのだそう。
地元の星・・・、いえ、地元の太陽です!
驚きました。^^
 

<株式会社エルム>
http://www.elm.jp/
 
 
 

さて、シンポジウムも終わり、あたりも暗くなってきたので、
待ちに待ったライトアップ鑑賞。
先ほどの段々畑にもう一度行ってみました。すると・・・
 


 

先ほどとは打って変わって、眩しい光が段々畑を照らしています。
段々畑の美しさが際立っていますね。
 

実はこの光、『南さつま市尽くし』なんです。

というのも、LEDライトはすべて、先ほどご紹介したエルム社さんのものを使用。
 

また、ライトアップの演出を担当したのは、現在東京で活躍する
南さつま市出身のクリエイティブディレクター、楠元孝夫さん。
 

ちょっと近くまで行ってみました。
 


 

この塔のようなものも電球です。白、緑、赤、青、紫など多用に変化していました。
見ていて、人の心を惹きつける温かな光でした。
 

海と山に囲まれ、街灯もほとんどない場所に突如現れる美しい段々畑。
 

昼も良いですが夜はまた格別です。ぜひ生で見て頂きたい景色です。^^
 

一見の価値ありと判断致しました。
 

2月9日(土)~3月17日(日)の1ヶ月とちょっとのあいだの期間限定です。
 

時間は18:00~21:00の3時間。
 

南さつま市笠沙町、谷山の段々畑。
 

只今絶賛ライトアップ中です。^^
 
 
 
 
 
 
 

2013年02月20日