1月も足早に去り、あっという間に2月になりました。
 

さて、2月9日のこと。
笠沙町の谷山地区で開催された
「南さつま海道八景 光の祭典」に参加してきました。
 

最初の会場は江戸時代後期(今から約500年前)に作られたという笠沙の段々畑。
 


 

段々畑の地図はコチラ → http://goo.gl/maps/Lyy4M
 

この段々畑全体がLEDライトでライトアップされるということだったのですが、
夕方5時は、まだ明るすぎたようです(^_^;)
もう少しあたりが暗くなる時間帯に期待してみましょう。
どのようになるのか楽しみです。
 
 
 

さて、その後、次の会場である『笠沙恵比寿』に移動。
LEDライトのライトアップ効果について話し合う
「光の祭典シンポジウム」に参加してきました。
 


 

笠沙恵比寿の場所はこちら → http://goo.gl/maps/BND6H
 

そもそもLEDライトとは・・・?
最近はよく耳にするようになりましたが
一体どんなライトなのでしょうか?
 

よく聞くのは、
 

・従来の白熱電球や蛍光灯より高価
・しかし白熱電球や蛍光灯に比べ寿命が長い
・消費する電気代が安い
 

ということですが・・・
実はもう一つ、LEDの放つ光には特徴があります。
 

それは、『ものの立体感を際立たせる』という特徴。
 


 

上の写真を見てください。
下から天井を照らしていますが、その際の光のラインが目立ちません。
 

魅せたいものだけに光を集中させることができる。
 

これがものに立体感を持たせることに一役かっており、
対象を美しく魅せることに繋がるのだそうです。
 

LEDライトは、ライトアップの照明として非常に優れた光。
今回、段々畑を照らす光にこの照明が使われたのには
こういう理由があったわけです。

さて、その後、最新のLEDライトが紹介されましたので
ちょこっとだけ紹介。
 

なんと、
 

『太陽の放つ光に限りなく近い光LEDライト』
 
 

実際に見ましたが、あれは確かに眩しかったです(×_×)
子供の頃太陽を直接見たあのチカチカと目を刺すような
強烈な光を思い出しました。
 

このLED電球は南さつま市加世田の株式会社エルムさんが作られているとのこと。
世界初の技術が用いられた電球で、なんとあのフランスルーブル美術館での展示も検討されているのだそう。
地元の星・・・、いえ、地元の太陽です!
驚きました。^^
 

<株式会社エルム>
http://www.elm.jp/
 
 
 

さて、シンポジウムも終わり、あたりも暗くなってきたので、
待ちに待ったライトアップ鑑賞。
先ほどの段々畑にもう一度行ってみました。すると・・・
 


 

先ほどとは打って変わって、眩しい光が段々畑を照らしています。
段々畑の美しさが際立っていますね。
 

実はこの光、『南さつま市尽くし』なんです。

というのも、LEDライトはすべて、先ほどご紹介したエルム社さんのものを使用。
 

また、ライトアップの演出を担当したのは、現在東京で活躍する
南さつま市出身のクリエイティブディレクター、楠元孝夫さん。
 

ちょっと近くまで行ってみました。
 


 

この塔のようなものも電球です。白、緑、赤、青、紫など多用に変化していました。
見ていて、人の心を惹きつける温かな光でした。
 

海と山に囲まれ、街灯もほとんどない場所に突如現れる美しい段々畑。
 

昼も良いですが夜はまた格別です。ぜひ生で見て頂きたい景色です。^^
 

一見の価値ありと判断致しました。
 

2月9日(土)~3月17日(日)の1ヶ月とちょっとのあいだの期間限定です。
 

時間は18:00~21:00の3時間。
 

南さつま市笠沙町、谷山の段々畑。
 

只今絶賛ライトアップ中です。^^
 
 
 
 
 
 
 

2013年02月20日
コメント