台風の接近が懸念されていましたが、幸い、天気に恵まれた中、「さつま・すんくじら~食と酒の祭典」を無事開催することができました。
 

 
今回出展したブースはどこもたいへん好評でした。
 
南さつまの料理人の味を堪能できる「さつま亭ブース」では、つけあげ(さつまあげ)や黒豚の炭火焼きを販売しました。特に、つけあげは両日とも、正午には完売する盛況振りでした。
 
鹿児島県各地の厳選した焼酎を提供する「焼酎ブース」では、10種類の中から3種類の焼酎を選ぶ、飲み比べが好評でした。「去年も、おととしも、ここで焼酎を買っているんです」という声を聞くことができるほど恒例のブースとなりました。
 
清木場果樹園の「金柑ブース」では、金柑のみならず、濃厚な柑橘系の甘さが特徴的な、南国のフルーツの王様デコポンを使ったジュースを販売し。こちらも完売でした。
 
笠沙片浦漁港の「漁協ブース」では、現地から直送された幻のえび・たかえびの素揚げや、ブリしゃぶを販売しました。会場内をぶらついていた時に「ブリしゃぶ、おいしかったね」という声が耳に入ってきたときは嬉しい限りでした。
 
緑風会が厳選した茶葉を使った、甘みが引き立つ冷茶を販売した「緑茶ブース」では、子供がひとくち飲むなり「おいしい」と満面の笑みを浮かべる姿が印象的でした。また、ひとりで4杯飲んでくれる方もいました。
 
祭典終了後の、南さつまと首都圏のメンバーの交流会で、来年以降も首都圏のメンバーと共に、こうした活動をやっていきたいと言ってもらい、あらためて継続的に活動していくことの意義を感じることができました。
 
また今回プロジェクトの活動を耳にし、鹿児島県出身で、千葉県の落花生農家の方が祭典に参加してくれました。今後こうしてプロジェクトに関わってくれる方々を増やし、活動のすそ野を広げていければと思います。
 
なお、祭典の様子は、9月30日(日)付けの南日本新聞『消しゴム』にて掲載して頂きましたので、お手元にある方は、是非ご覧になってください。
 

2012年10月03日

いよいよ「さつま・すんくじらの恵み~食と酒の祭典2012~」まで2週間を切りました。
 
祭典のチラシができあがりましたので、是非ご覧ください。
 

 
現在、各ブースの準備も着々と進んでおります。
 
今年出展するブースは以下の通りです。
 
■南さつまの海の幸を提供する漁協ブース
■地元で親しまれている料理を提供するさつま亭ブース
■緑茶とキンカンを使ったドリンクを提供する飲料ブース
■南さつま市周辺を中心とした地域の焼酎をセレクトし、提供する焼酎BAR
■鹿児島県自慢の特産品を出品するアンテナショップブース
 
南さつま市周辺の魅力を存分に出したブースを準備していますので、
興味のある方は、9/29(土)・9/30(日)と開催していますので、是非お越しください。

2012年09月18日

9月29日、30日に、今年も「さつま・すんくじらの恵み~食と酒の祭典」を開催いたします。例年通り、北品川の「しながわ宿場まつり」に合わせての開催です。
 
南さつまの生産者の方々も東京にいらっしゃり、すんくじらでとれた恵みを生かしたブースを複数出店します。
 
お時間のある方は当日、是非足をお運びください。
 
また、各ブースの詳細につきましては、今年度版のチラシが完成し次第、追ってお伝えいたします。
 
なお、各ブースの運営側として一緒に祭典に携わることに興味のある方は
こちらまでご連絡ください。

2012年08月28日