みなさんはパンスターズ彗星という名前を聞いたことがありますか?
 

パンスターズ彗星とは、2011年6月6日に米国ハワイ州・マウイ島に設置された
パンターズ1望遠鏡による観測で発見された彗星です。
 

今回はこのパンスターズ彗星と、木星の星空観察会が実施されるとのことで、私も参加してきました。
 

今回の会場は、株式会社エルムの駐車場。
(地図はこちら → http://goo.gl/maps/AxUyM
 

この星空観測のために、特別に会場を提供してくださったとのこと。
 

株式会社エルムさんは、産業用省力化設備や電子応用機器の開発を手掛ける企業で、
ディスク修復機を製作するにあたっては、DVDを効率良く修復する自動機を考案し、
世界シェア9割以上を達成している南さつま市が誇る世界的な企業です。
景色バッチリです。エルムさん、ありがとうございます!
 
 
 

さて、パンスターズ彗星の話に戻ります。
発見された当初、この彗星の明るさは最大0等級から1等級程度だろうと計算されていたそうです。
 
しかし、2012年秋の時点で、当初の予報を1.5等級ほど上回り、
現在では、最大でマイナス1等級の明るさを放つ大彗星になると予想されているとのこと。

マイナス1等級が、どのくらいの明るさかといいますと・・・
太陽の次に明るい恒星シリウス並み。
とても明るい彗星だということがお分かりいただけると思います。
 

しかし、2月に入り太陽からの距離が1天文単位を切ったにも関わらず、
当初の予測ほど明るくなっていないようです。
そのため、パンスターズ彗星の実際の最大光度はせいぜい3等級程度になることも
考えられ、高度と日没後の条件などから、肉眼での確認が難しい可能性があるとの
情報が今月に入り専門機関のホームページ等に出ていました。
 

そして、このパンスターズ彗星、
なんと地球から見えるのは今回が最初で最後。
再び地球から見えることは今後一度もないというのです。
 

まさに一生に一度のチャンス。
パンスターズ彗星を一目見ようと、たくさんの方々が会場に駆けつけました。
 

星空案内人は、加世田サイエンスクラブの方々。
とても詳しく、丁寧に解説してくださいました。
 

加世田サイエンスクラブさんは、
ハレー彗星が地球に還ってくることで話題となった
昭和60年(1985年)4月に発足した団体です。
 

南さつま市をはじめとする薩摩半島各地の学校や公民館で
星座観望会や星座教室を開催し、星空の美しさ・自然の大切さを通した
自然科学の楽しさを普及する活動を行っています。
 

現在会員は、10名。
自営業者、会社員など、それぞれに仕事をしながら活動されています。
 

お忙しい中、大変貴重な体験をすることのできる機会を提供してくださいました。
感謝ですね。
 


 

さて、待つこと1時間。
 

普段は、何気なく見ている夕日も、じっくり見ると美しいものですね。
周囲も少しずつ暗くなってきて・・・
 

加世田サイエンスクラブの方々が必死に探してくださり、
ついに、パンスターズ彗星を発見することができました。
 

肉眼でも観察できるとたかをくくっていた私。
天体望遠鏡が必需品でした。
 

大型双眼鏡を覗き込ませてもらうと・・・
 

きれいな彗星が!
 


 


 

当日、写真撮影がだきなかったので、
3月14日に加世田サイエンスクラブの方が
撮られた写真をいただきました。
 

 写真上段:野間岳との合成写真(下段の写真と野間岳の風景を合成)
 写真下段:パンスターズ彗星(C/2011 L4)
 

 ※ 撮影データ
 ※ カメラ:DMC-GH2
 ※ 撮影日:3月14日 19:17
 ※ 露 出:10秒
 ※ ISO:400
 ※ レンズ:400mm F5.6(800mm相当)
 ※ 絞 り:F8
 ※ 撮影者:加世田サイエンスクラブ 会長 宮原さん
 
 
 

一生に一度しか観察できない「パンスターズ彗星」。
 

そんな貴重な星空を無料で観測する機会を提供しているイベントは
なかなかないと思います。
 

「すんくじら」にある街だからこそできる贅沢なイベント。
 

次回、彗星が接近する際にはぜひともご家族でご参加ください!
 


 

加世田サイエンスクラブさんは、
大気汚染など昨今の環境問題を学ぶ場として
星空観察会を開催しています。
 

次回の開催もお楽しみに!!!
 

次回は、2013吹上浜砂の祭典会場内で5月3日(金)、
5月4日(土)に星空観察会を開催する予定です。
 


 
 
 

2013年03月21日

南さつまチームサポーターのYです。
こちら南薩は、桜の花が開花!二分咲きくらいになっている木もあり
いよいよ本格的な春到来♪
 

さて、先月当ブログでもご紹介しました、
大浦地区の海岸に11年前に漂着したマッコウクジラの全身骨格標本を展示する施設が、
3/10(日)、ついにオープンしました。
 

地図はこちらから。 ⇒ http://goo.gl/maps/kDCBH 
 


 


 

施設壁面に沿ってたたずむマッコウクジラの名前は
公募により、北海道・札幌市の方の『ほえるん』に決定!
英語名・ホエールWhaleをもじった、なんともかわいらしい名前です★
 

実はこの『ほえるん』、時々息をするんです。
 

ご存知のとおり、クジラが呼吸をする時は、背中にある呼吸孔から潮を噴き上げますよね?
この「ほえるん」は、30分に1回、背中の真ん中から水を噴き上げます。
あたかも呼吸をしているかのように。
毎日朝9時~17時の毎時30分頃に、空に向かって勢いよく吹き上がります。
暑い日には、階下で待ち構えて、水しぶきのひんやりしたミスト(霧雨状の水)
を受け止めることもできます。
なんとも楽しい体験になりそうです♪
 


 

また、この日は、オープニングイベントとして、
「ホエール(吠えーる)大会 『おらべ!ホンネでマッコウ勝負!!』」と題して、
施設の屋上から声の大きさを競う大会が開かれました。
 

思い思いの言葉をのせた“大声”を測定器で計り、音の大きさを点数化。
更に「ユニーク性」「ユーモア性」「いっだましい性(※)」を加点して順位を決定していました。
(※いっだましいとは・・・鹿児島弁で、「根性、気合い、性根、生き魂」を表します)
 

総勢28名の大声自慢のみなさん。
 

「彼氏欲し~~~い!」(女性)
 

など、ストレス発散あるいは心の奥に秘めていたリアルな叫び(!?)
かとも思われるような言葉がチラホラ・・・。^^
 

その中でも審査員や集まった皆さんの心を掴んだ言葉は、
 

「早く起きなさい!!」(女性)
 

毎朝、家族を起こしているお母さんのようでした^^
 

その他、春から大学生の娘さんへ向け、メッセージを叫ぶお父さんの言葉など、
会場は笑いあり涙ありで、とっても温かな空気に包まれました。
 

大人部門の優勝者は、107.8という大きな声の持ち主。男性でした。
こども部門では、91.9。女の子で、大人よりも大きな声が出ていましたよ★
 


 

ちなみにこの音量について調べましたら、
 

「数値107.8」 = おおよそ、“電車が通過する際のガード下”で聞く音くらいの大きさ
「数値91.9」 = おおよそ、“地下鉄の車内”の音くらいの大きさ
 

なのだそうです。
声ってとても大きな「音」なんですね。今回調べてみて初めて知りました(笑)
上位入賞や審査員特別賞を獲得した方には、南薩特産品の数々が贈られました。
 

南薩はこれからいよいよ気温があがり、ますます海が似合う季節が近づいてきました。
大浦にはクジラが泳ぐ青い海が広がっています。
ふと海を観たくなったら、ぜひ大浦に来て、ここにいる「ほえるん」とマッコウクジラに会いに来てくださいね!
 

(今なら大浦名産ポンカンやタンカンも、直売所にたくさん並んでいますよ♪)
 
 
 
 
 
 

2013年03月15日

陽がながくなり、だんだんと暖かくなってきました。
南さつまにも、もうすぐ春がやってきますね。
 

さて、3月3日(日)のこと、『平成25年 「環境の森」 記念植樹』
がありましたので参加してきました。
 

例年「吹上浜砂の祭典」を記念して行われており、
今回で11回目の開催となります。
 

場所はコチラ → http://goo.gl/maps/h9Ual
 

主催は、南さつま河川・海岸環境保全対策協議会。
豊かな自然を将来に引き継ぐために様々な活動を行っている団体です。^^
 

ちょっとだけご紹介。
 

 <南さつま河川・海岸環境保全対策協議会>
 南さつま市地域の河川・海岸環境を保全、創出し、
 河川・海岸の適正利用等河川・海岸愛護思想の普及啓発活動を進め、
 恵み豊かな自然を将来に引き継ぐため、市民及び32の関係団体により構成。
 
 
 

当日は、地元の中学生はじめ、市役所や商工会議所の方々、
計約100名の参加がありました。
 

植樹された黒松は130本。
万世中学校の通学路沿いです。
 

「豊かな自然を守ります!!」

万世中学校の生徒さんの決議宣言のあと、
参加者一人ずつに、苗、肥料、苗を結ぶひもが配られ、
植樹スタートです。
 

植樹方法はカンタン☆
 

1.指定の場所に鍬やスコップで穴を掘りましょう。
2.肥料を入れましょう。
3.苗を入れて土をかけてあげましょう。土を固めすぎてはいけません。
4.支柱と苗をひもで結んだら完成です。
 

下の写真は植樹の様子です。
 

参加者の皆さん、どんどん植えていました。
その中には小さなお子さんの姿も。
一生懸命に苗を植える姿がとても素敵でした。
 


 


 


 

植樹した苗は下の写真になります。
 


 

今はこんなに小さな苗も数年、あるいは数十年後には立派な松の木となり、
南さつまの豊かな自然になっていくんですね。
 

飛砂防備林としても効果のある松の木。
しかし近年は、松食い虫の被害を受け、大木は殆ど姿を消してしまい、
広大な松原は一部しかないということ。
 

南さつまで初めて植樹が行われたのは1848年(江戸時代)の頃、
宮内善左衛門という方が田布施地区(現在の金峰地区)で始めたそうです。
そんな昔から、地元の方々による松の植樹は行われていたんですね。
 

今は生育中の松の木も、いつかは大きく豊かに育ち、
通学する子供達を見守ってくれることでしょう。
 

寒空のもと、懸命に作業する方々を見ていると、
地域の自然を守りたいという想いが私にも伝わってきました。
 

今年、2013年の『南さつま市 吹上浜砂の祭典』は
5/2(木)~5/12(日)の11日間です。
 

 <南さつま市 吹上浜砂の祭典HP>
 http://www.sand-minamisatsuma.jp/
 

お越しの際は是非、この植樹された松の木もご覧になって下さいね。
 


 
 
 
 
 
 

2013年03月07日