3年前から年に数回、「すんくじら体験ツアー/フェスティバル」を開催してきました。
そのなかでも笠沙・片浦漁協の定置網船に乗せて頂き、漁を間近で体感する企画は、
毎回歓声が上がり、欠かせない一場面になっています。
 
さて、その定置網体験を開催している笠沙町漁協が
テレビ朝日系列の『朝だ!生です旅サラダ』で紹介されます。
 
番組の放送予定日時は10月20日(土)の8:00です。
番組内のワンコーナーで、笠沙町漁協片浦市場より生中継される予定です。
 
皆さま、是非ご覧ください。
 
以下は、中尾雄作漁協長のFacebookへの投稿からの引用です。(引用許可済)
—————————————————————————————————–
 
今朝の定置網漁から…
 
秋太郎(25から30kg)が15本☆
網からデッキに引き揚げたら 直ぐにエラと内蔵を取り出し鮮度を保ちます。
そのため時間との勝負…
全員でワタ出し作業中!
 
※ 再来週の20日(土曜)午前8時から9:30まで テレビ朝日系列の全国ネットで
『旅サラダ』が笠沙町漁協片浦漁港市場より 生放送されます〜☆
 
今朝はその前撮りと打合せ〜
秋太郎がテーマ 荷捌き場に陳列された前で
市場関係者や漁師(私も真ん中2列目)が揃ってポーズ〜
 
暫くすると系列局で番宣の放送が流れます!!
 
当日のキャストラッシャー板前さんと共演の地元KKBの美人アナウンサー中西可奈さんとのツーショット写真もあります…が 後ほどUPします(ご本人のご了解を得ました。私は作業着のまままるで美女と野獣)〜☆
 
あとは当日の天気と 秋太郎君が網に来ててくれることを願うばかり…☆★☆

2012年10月12日

台風が過ぎ去り、だいぶ過ごしやすくなってきました。
 
秋ですね~。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
 

さて、先日のこと、南さつま市は大浦地区の観光名所、
“亀ヶ丘”に行って参りました。
お目当てはコチラ。
 


 

コスモスです。キレイですね。^^
 

9月の末から10月の上旬にかけてはコスモスの開花時期です。
 

現在はこんな感じ。
三分咲きといったところでしょうか。


 


 

満開のコスモス畑、たのしみですね☆
亀ヶ丘のコスモスは10月の10日ごろが満開とのことでした。
 
 

さて、せっかくなので亀ヶ丘の山頂まで行ってきました。
なんと、ほぼ山頂まで車で行くことができます。
 

心地よい風と日差し。ピクニックにもってこい。
もちろんお弁当を頂きました。
 


 

壮大な景色を望みながらのお弁当は美味しい!
 

屋外の食事の魅力は開放感だと思います。
だとすれば、亀ヶ丘でのお弁当は野外の食事の最高峰を言えるでしょう!
この写真だと、あの雄大さが!広大さが伝わりにくいのが悔しいですが・・・^^;
 

「(私の撮った)写真では伝えることのできない魅力がある!」
 

ということで。(笑)
 
 

亀ヶ丘の地図はコチラから。
 

<googleマップ>
http://goo.gl/maps/vZkOu
 

コスモスと景色があなたを待っています!
ぜひ遊びに行ってみてくださいね~。^^
 

2012年10月04日

台風の接近が懸念されていましたが、幸い、天気に恵まれた中、「さつま・すんくじら~食と酒の祭典」を無事開催することができました。
 

 
今回出展したブースはどこもたいへん好評でした。
 
南さつまの料理人の味を堪能できる「さつま亭ブース」では、つけあげ(さつまあげ)や黒豚の炭火焼きを販売しました。特に、つけあげは両日とも、正午には完売する盛況振りでした。
 
鹿児島県各地の厳選した焼酎を提供する「焼酎ブース」では、10種類の中から3種類の焼酎を選ぶ、飲み比べが好評でした。「去年も、おととしも、ここで焼酎を買っているんです」という声を聞くことができるほど恒例のブースとなりました。
 
清木場果樹園の「金柑ブース」では、金柑のみならず、濃厚な柑橘系の甘さが特徴的な、南国のフルーツの王様デコポンを使ったジュースを販売し。こちらも完売でした。
 
笠沙片浦漁港の「漁協ブース」では、現地から直送された幻のえび・たかえびの素揚げや、ブリしゃぶを販売しました。会場内をぶらついていた時に「ブリしゃぶ、おいしかったね」という声が耳に入ってきたときは嬉しい限りでした。
 
緑風会が厳選した茶葉を使った、甘みが引き立つ冷茶を販売した「緑茶ブース」では、子供がひとくち飲むなり「おいしい」と満面の笑みを浮かべる姿が印象的でした。また、ひとりで4杯飲んでくれる方もいました。
 
祭典終了後の、南さつまと首都圏のメンバーの交流会で、来年以降も首都圏のメンバーと共に、こうした活動をやっていきたいと言ってもらい、あらためて継続的に活動していくことの意義を感じることができました。
 
また今回プロジェクトの活動を耳にし、鹿児島県出身で、千葉県の落花生農家の方が祭典に参加してくれました。今後こうしてプロジェクトに関わってくれる方々を増やし、活動のすそ野を広げていければと思います。
 
なお、祭典の様子は、9月30日(日)付けの南日本新聞『消しゴム』にて掲載して頂きましたので、お手元にある方は、是非ご覧になってください。
 

2012年10月03日