南さつまチームサポーターのYです。
こちら南薩は、公園にあるいちょうの木が黄色く色づき、秋真っ盛りです。
朝晩めっきり冷え込んで、吐く息も白く見える日が多くなりました。
 

先日11月3日(土)4日(日)金峰2000年橋で開催された、
「第5回竹とうろう&音楽祭」に行ってきました★
 

地図はこちらから。(http://goo.gl/maps/LOMn0

3日(土)は、わたくし行けなかったのですが、
地元の方に訊いたところ、
「多くの人が来ていて、前年よりも多い人出だったよ~」
とのこと。
 

日が暮れる頃には竹とうろうのほか、
南さつま市内の多くの保育園・幼稚園児の皆さんが作ってくれた、
ペットボトルとうろうに灯が灯され、
シャボン玉とともに、木製の橋の周囲や橋は幻想的な広場に大変身!
 


 

4日(日)は、午後からあいにくの雨でした。
16時過ぎの点灯式で夜の部がスタート。
威勢のよいかけ声が広場を高揚させています。
 

空が暗くなるにつれて、竹とうろうが温かな光を放ち
そこここを照らしてくれます。
冷たい雨の中にあって、広場一帯がどんどんあったかく
暖まっていくような気さえしてきます。
 

これら大きな竹とうろうは、今年は42もの企業や団体の名前がくり抜かれ
年々人気も上昇中!
開催回数重ねる毎に、多くの支援者が集まっている様子です。
金峰地区を中心に活動し、このイベントを主催している
「風の会」のみなさんによれば、
「ご支援金は、来年のとうろう制作費と活動資金として、ありがたく使わせていただきます!!」
とのこと。
 

これらすべての竹とうろうを制作したのは、たった3名だそうで、
2ヶ月弱の準備期間で、制作日数はわずか2週間。
それでもこの本数!(写真はごくごく一部です)
お仕事もしつつ竹とうろうも制作するという準備は、
大変な作業だったのではないかと思います。
来年も再来年もますます増える温かなサポートにより、
さらに多くのあったかな灯りが点されていくことでしょう。
 


 


 

毎年、これは!と思う文字を灯ろうで点している、
「風の会」のみなさん。
 

今年の文字は「思」。
 

この字について、毎年どのように決めているのかを伺ったところ、
「ほぼ直感。ピンときたコトバを選んでいます」とニンマリ顔で答えてくださいました。
金峰山にトンボが舞う秋の風景を切り取り、皆の思いも込めました。
 


 

地元の思いがいっぱい詰まったこの音楽祭。
音楽のみならずダンスもあります!
一番の注目は、加世田・鳳凰高校のチアリーディングチーム
「ブルーフェニックス」の演舞。
会場のボルテージが一気にアガリました~★
 


 

地元の方々に支えられ、準備や運営に10名以上も尽力されていた
鹿児島大学の学生の皆さんに支えられ、
この竹とうろう&音楽祭は年々、続々と、支援者・サポーターの輪が広がっています!
皆さんもぜひ、来年、実際の竹とうろうを間近に観て、
この圧巻の景色を味わってくださいね♪
とうろうの作り方もこっそり教えてもらえますよ!^^
 
 
 

2012年11月25日
コメント