こんにちは。
南さつまチームサポーターKです。
 

新年明けましておめでとうございます。
平成25年も頑張っていきましょう☆
 

さて、今回、ご紹介するのは金峰町白川で開催されている鬼火焚き「おねっこ」です。
 

地図はこちらから。→ http://goo.gl/maps/maLZu

「おねっこ」とは、30年近くつづく金峰町白川の鬼火焚きですが、
普通の鬼火焚きとは異なり、やぐらの中に一晩宿泊します。前泊です。
そして、朝6時にやぐらに点火するという珍しい鬼火焚きです。
 

この写真は、1月5日(土)に完成したときの様子です。
 


 

ちょうど白川地区の方々が気温の下がる夜に暖をとるための薪を搬入しているところでした。
夜には、白川小学校の校歌を歌ったり、ビンゴゲームをしたりと楽しむそうです。
 

3月末で白川小学校が閉校するということ。
白川地区に小学校がなくなるのは、少し寂しいですね。
 

そして次の日の朝、やぐらに点火直前。
 


 

地域の方々が中心となってつくりあげたやぐらに点火する前、記念撮影を行っています。
前年より、一回り大きいやぐらに点火するのはもったいないような気もします。
 

1月6日(日)午前6時。
ついに、点火されました。
 


 
 

やぐらの燃え上がる様子は、迫力満点。
5分ほどしますと燃え上がる炎の勢いは弱まってきました。
 

すると地域の方々による餅の振る舞いが行われました。
 

私もこれまで、数ある鬼火焚きに参加してきましたが、
これほど迫力のある鬼火焚きは初めてでした。
 

そして、地域の方々が協力してつくりあげる伝統行事のあることが非常にうらやましく感じました。


 

今回、約100名の地元の方や見物客がいらっしゃったのではないでしょうか。
地域の伝統行事を存続するために、白川地区の方々が協力されて行われているこのイベント。
白川小学校は閉校となりますが、来年以降も地域で継承していかれるそうです。
 

巨大やぐらで一晩を過ごす金峰町白川の「おねっこ」。
1月には、各地区で鬼火焚きが実施されています。
 

来年は、自分の生まれ故郷の鬼火焚きに参加してみてはいかがでしょうか。
もちろん金峰町白川の鬼火焚きにもご参加ください。
 
 
 
 

2013年01月12日
コメント