南さつまチームサポーターのYです。
いよいよ年の瀬が近づき、そこかしこで新年を迎える準備に忙しない、こちら南薩です。
 

今年最後の記事は、
4月の市報の「年間計画」のページに掲載されていて、
ちょっと気になっていたイベントの情報が、
やっと手に入ったので、皆さんにもご紹介します!
 

『第1回 南さつま海道 鑑真の道歩き』
 

 開催日1): 2013年2月23日(土)
  A・ぶらり秋目コース(約2km)
  B・鑑真大和上を偲ぶコース(約16km)
 

 開催日2): 2013年2月24日(日)
  C・亀ヶ丘東シナ海一望コース(約10km)
  D・海道満喫コース(約14km)
 
 
 

詳しくは・・・南さつま市HPをご覧ください。
http://www.city.minamisatsuma.lg.jp/news/2012/1-3.html
 


 

そこで、特に気になった、「D・海道満喫コース」を、一足お先に下見してきました。
・・・とはいえ、事前トレーニングなしに急に歩き通すのは難しいと思ったので、
ひとまず車でリサーチ!^^;
 

スタート地点は、薩摩半島のすんくじら、野間岬。
笠沙恵比寿→風力発電の風車を見上げ→野間岳の麓の集落を通り抜け→
ゴール地点は、「杜氏の里笠沙」。
約14kmの距離を歩くというコースとのこと。
 


 
 

本番では寄り道ができるかわかりませんが、
コース上にある、以前から気になっていたいくつかの場所にも
ちょっと立寄ってみました。
 

キレイに整備された、「リアス式海岸展望所」を通りすぎたあと、
『舟が崎』と書いてある、立て看板を発見!
大きな笠沙エリアマップが設置されている道端に、ひっそりとありました。
車を運転していると見逃がしてしまいそう。。。
 

立て看板のすぐ脇から細い石段が上へと続いています。
階段を2分間程度のぼっていくと・・・、
コンクリート製の立派な展望デッキがありました!
車道からは全く見えない、いわば秘密の場所のような感じです。
 

東シナ海を正面に、左手に沖秋目島(ビロウ島)、右手に野間岬、
眼下には、記念植樹された桜の木がたくさん!
春になったらさらにステキな風景になりそうな隠れスポット。春が来るのが楽しみです。
 
 
 

さらに運転を続けると、ふと道路上に点々とつづく白いものを発見。
よ~く見ると、先客の足跡が!!
 

イノシシです。
車道の白線を越える際も、まったく迷いのない足取りです。(笑)
 


 
 

さらにちょっと先に進むと、「宮ノ山遺跡」の看板がありました。
宮ノ山遺跡はかつて、ニニギノミコトが国土への上陸第一歩をしるした際に、
コノハナサクヤヒメと出逢い、「宮ノ山」にしばらくの間お二人の居を構えたと伝えられる場所。
 

山肌にへばりつくように作られた石段の先には、
住居跡、巨石を重ねて作られた石積み墓や塚が、点々と残っています。
ちなみに、この遺跡は野間岳(野間神社)を越え、山の反対側にある片浦港付近へと通じている
別のウォーキング・トレッキングルートである「九州自然歩道」のルート上にあるので、
奥の方はどのようになっているのかな?、と興味があったものの、結構な急勾配。
 

軽装で来てしまったことを後悔しつつ、今回は入口近くで引き返しました。^^;
靴や服装などきちんと準備して日を改めようと思います!
 

「九州自然歩道」の詳しいルートは・・・鹿児島県HPをご覧ください。
http://www.pref.kagoshima.jp/af08/sangyo-rodo/kanko-tokusan/kanko/kagoshima/kyusyushizenhodo.html
 
 

アップダウンのある寄り道をしていると、なかなか疲れるものですね。(笑)
今回下見にきた本来の目的である「南さつま海道 鑑真の道歩き・Dコース」のゴール地点、
「杜氏の里笠沙」に到着。
ですが、海が見たくて、この向かい側にあって海に面している「笠沙美術館」で、ちょっと一息つく事にしました。
 
 

笠沙美術館のエントランスは、建物の屋根と同じ位置から下へと続いています。
地中海沿岸にある風景をイメージした建物の形とオレンジ色。
ふと、外国に来たかのような気分になるから不思議★
 

施設全体のデザインは、
ご存知・笠沙恵比寿をはじめ九州はもとより、
元祖ネコ駅長・たまで有名な「和歌山・貴志駅」、
私の故郷・さいたま市にある「さいたまスーパーアリーナ」など、
全国規模で活躍されている水戸岡鋭治氏の手によるもの。
 

駐車場に接続している空中廊下と階段を抜け、真四角に吹き抜けた中庭を通り抜けたとたん、
目の前にあるオレンジ色の高い壁がなくなって・・・、
東シナ海を一望できるテラスが広がっていました!!見晴らし最高です★
テラスにはいくつかのイスとテーブルがあるので、しばらくの間ここで体をクールダウンする事もできそうですよ。
 


 

最後に・・・
今年1年、当ブログをご覧頂きましてありがとうございました。
来年も南さつま市の「今」をお伝えし、
皆さんが南さつま市を“より近く”に感じていただけるよう、情報更新してまいります。
良い年末年始をお過ごしください。
 
 
 
 

2012年12月27日
コメント