南さつまチームサポーターのYです。
 

先週末は晴天が続き、とても心地良い行楽日和、稲の脱穀日和でしたね。
そこかしこで、稲の掛け干しが見られる中、ここ、大浦は早々に稲刈りを終えていて、
田んぼにはそばの花がまもなく終りを迎えるところです。
 

行楽日和の良い天気なので、ドライブに繰り出してみたら、
国道226号線沿道に、「大浦まつり」と書いてあるのぼり旗が
たくさん風にたなびいていました。
 

ちょっと行ってみようかなと、(思い行き当たりばったりですが^^;)
案内されるままに会場を進むと、すでに多くの人が集まっているではないですか!
 

開場してまだ30分なのに、大賑わい!
長年、地区ごとに開いていたお祭りを、4年前から一緒になって盛大に実施することになったというこのお祭り。
地元のみなさんが心待ちにしているお祭りなんだそうです。
その言葉通り、つきたてお餅や、振る舞い鍋300食は、たったの22分で終了!
 


 

売店ブースもゆうに30軒くらいあって、
軽トラ市も今年から新たに新設したとのことで、今日は買い物天国です♪
大浦ふるさと館の人気のふくれや、婦人会の皆さんがつくるつきたてお餅や
ポン菓子などが、ここではずいぶんとお安く買えました!^^
 

広場には他にもイベントブースが10軒ほど出ていて、
その中でも親子連れが多く詰め掛けているブースがこちら。
かごしま森林組合さんが提供する、「ちびっこ手形」です。
 

小さな手、大きな手をこの板に型取りした後、その場で電動のこぎりでくり抜いてくれます。
手の形と、手の形をくり抜いた板、どちらも持ち帰ることができるので、
おこさんの成長がわかるという、親ゴコロをくすぐるステキなアイデア!!
しかも、くり抜いた板はフォトフレームにして飾ることもできるとか。
木の香りがするお子さんの手がだんだんと大きくなって枚数が増えてゆく喜び。これからも集めたくなります★
70名限定ながら、すぐに申込み終了だったという人気ブース。
制作費用は人それぞれ、思い思いに募金箱に入れるというものでした。
その後は森林保全、森林整備などに役立てられるそうです♪
 


 


 

特設ステージは趣向様々。
柔道の型を披露する子供たち、三味線やハーモニカの心に染みる音色、
フラダンスや日舞や創作ダンスを披露するお母さんたち、健康体操を啓蒙する方々。
そして、場を一番盛り上げていたのは、バンドの演奏です。
「ザ・タオルマンズ」は、この日一番の盛り上がりと言っても過言ではなく、
こどもたちがステージ前で縦横無尽に走り回り踊っています。
軽快な音と元気なこどもたち。この場が大いに賑わいました。
 


 


 

この後も華やかなステージは続き、ダンスや太鼓、大浦中学校音楽部の演奏など盛りだくさん。
液晶テレビや豪華賞品が当たるお楽しみ抽選会がさらに会場を沸かせました。
日が暮れる18時~の30分間は、花火も打ち上げるんですよ!
秋の花火はなかなか観ることができませんから、とても貴重なチャンスです。
 

ここ大浦地区は、活気があって纏まりのある土地柄なんだな、地域の方々自らが楽しもう!という雰囲気がとても良くこちらに伝わる、楽しいお祭りでした★

2012年10月30日
コメント