南さつまチームサポーターのYです。
こちら南薩は、桜の花が開花!二分咲きくらいになっている木もあり
いよいよ本格的な春到来♪
 

さて、先月当ブログでもご紹介しました、
大浦地区の海岸に11年前に漂着したマッコウクジラの全身骨格標本を展示する施設が、
3/10(日)、ついにオープンしました。
 

地図はこちらから。 ⇒ http://goo.gl/maps/kDCBH 
 


 


 

施設壁面に沿ってたたずむマッコウクジラの名前は
公募により、北海道・札幌市の方の『ほえるん』に決定!
英語名・ホエールWhaleをもじった、なんともかわいらしい名前です★
 

実はこの『ほえるん』、時々息をするんです。
 

ご存知のとおり、クジラが呼吸をする時は、背中にある呼吸孔から潮を噴き上げますよね?
この「ほえるん」は、30分に1回、背中の真ん中から水を噴き上げます。
あたかも呼吸をしているかのように。
毎日朝9時~17時の毎時30分頃に、空に向かって勢いよく吹き上がります。
暑い日には、階下で待ち構えて、水しぶきのひんやりしたミスト(霧雨状の水)
を受け止めることもできます。
なんとも楽しい体験になりそうです♪
 


 

また、この日は、オープニングイベントとして、
「ホエール(吠えーる)大会 『おらべ!ホンネでマッコウ勝負!!』」と題して、
施設の屋上から声の大きさを競う大会が開かれました。
 

思い思いの言葉をのせた“大声”を測定器で計り、音の大きさを点数化。
更に「ユニーク性」「ユーモア性」「いっだましい性(※)」を加点して順位を決定していました。
(※いっだましいとは・・・鹿児島弁で、「根性、気合い、性根、生き魂」を表します)
 

総勢28名の大声自慢のみなさん。
 

「彼氏欲し~~~い!」(女性)
 

など、ストレス発散あるいは心の奥に秘めていたリアルな叫び(!?)
かとも思われるような言葉がチラホラ・・・。^^
 

その中でも審査員や集まった皆さんの心を掴んだ言葉は、
 

「早く起きなさい!!」(女性)
 

毎朝、家族を起こしているお母さんのようでした^^
 

その他、春から大学生の娘さんへ向け、メッセージを叫ぶお父さんの言葉など、
会場は笑いあり涙ありで、とっても温かな空気に包まれました。
 

大人部門の優勝者は、107.8という大きな声の持ち主。男性でした。
こども部門では、91.9。女の子で、大人よりも大きな声が出ていましたよ★
 


 

ちなみにこの音量について調べましたら、
 

「数値107.8」 = おおよそ、“電車が通過する際のガード下”で聞く音くらいの大きさ
「数値91.9」 = おおよそ、“地下鉄の車内”の音くらいの大きさ
 

なのだそうです。
声ってとても大きな「音」なんですね。今回調べてみて初めて知りました(笑)
上位入賞や審査員特別賞を獲得した方には、南薩特産品の数々が贈られました。
 

南薩はこれからいよいよ気温があがり、ますます海が似合う季節が近づいてきました。
大浦にはクジラが泳ぐ青い海が広がっています。
ふと海を観たくなったら、ぜひ大浦に来て、ここにいる「ほえるん」とマッコウクジラに会いに来てくださいね!
 

(今なら大浦名産ポンカンやタンカンも、直売所にたくさん並んでいますよ♪)
 
 
 
 
 
 

2013年03月15日
コメント